前へ
次へ

魚はコンロとグリルで焼き方が異なる

加熱調理器具としてガスコンロやIHクッキングヒーターがあります。
上部にコンロがあり横からグリル部分に出し入れができるようになっています。
魚を焼くときは基本的には魚焼きグリルを使いますが、コンロ部分に専用の網などを使って焼くケースもあります。
同じ器具で焼くときでも焼き方が異なるので注意が必要です。
コンロの場合は火は下から上に向けて出ています。
網に魚を乗せて焼くと下の部分に火が当たるので下から焼けていくことになるでしょう。
コンロ用の魚焼きの網は器具ごとひっくり返せるものもあり、あまり引っ付きなどを気にせずに調理をすることができるかもしれません。
グリルでは基本的に上からの火で加熱します。
先に表を焼いて後で裏返す方法だと、裏返して焼いているときの脂がどんどん下の表側に溜まっていき見た目が悪くなるときがあります。
これを避けるには先に裏から焼く方がいいかも知れません。
後で表を焼けばきれいにパリッとした状態で焼き上げることができます。

Page Top