前へ
次へ

味の染みた煮魚を作る方法を知っておく

最近は鯖が非常に人気で、鯖缶等手軽に食べられるので食べる人も多くなっているかもしれません。
鯖缶を見ると水煮、味噌煮、その他醤油味で似たものなどがあり好みによって買い分けることができます。
もちろん缶詰なら手軽に購入出来て食べられますが、せっかくなら自分で煮魚を作ってみるのもいいかも知れません。
煮魚を作るときのポイントとして、まずは魚の栄養分や旨味を逃がさないことが挙げられます。
さらにベースの味をしっかり染み込ませることも大事になります。
そこでしてはいけないこととして大量の水分を使ってはいけません。
煮る魚が被るほど水を入れるとどんどん煮汁に栄養分などが出てしまいます。
煮るための鍋に入れる水の量としては、魚の8割程度ぐらいがいいかも知れません。
全体にかぶっていないとうまく味が染み込みませんが、この時に使うのが落としふたやキッチンペーパーです。
これらを使うと汁がかかっていない部分にもきちんと味が染み込むようになり、栄養を閉じ込めた上美味しく仕上げられます。

Page Top