前へ
次へ

魚をさばいたり刺身を作るときの注意

魚料理の中でも簡単なのが刺身かもしれません。
冊の状態で売られている切り身であれば、後はそれを切って皿に盛りつけるだけです。
ふぐ刺しなどは薄く切らないといけないので技術が必要ですが、マグロなどなら多少形が違っていても問題ないでしょう。
簡単な料理でありながら気をつけないといけないことはあります。
魚をさばいたり刺身を作るときの注意として、魚を新鮮な状態で保ちながら行うことでしょう。
生魚などは調理前は冷蔵庫などに入れているでしょうが、その後常温の場所で調理を行います。
するとどんどん魚の温度も空気の温度に近づいていき柔らかくなります。
形が崩れやすくなるかもしれません。
人の手は体温によって多少温かくなっているので、その手でさばいたりしていると体温で魚の温度が高くなるかもしれません。
水などで手の温度を上げないようにして、切るときは時間がかからないよう素早く行います。
刺身包丁は日頃からきちんと手入れをして、よく切れるようにすれば時間をかけずに切ることができます。

個人投資家に訴求できるツール
株式会社ジェイネットTVが最先端の決済説明会用オンラインツールをご提供します

傷跡が残らない治療ができるクリニック一覧
包茎手術を行っているクリニックのランキングでぜひご覧ください

手術後のケアがあるクリニックを選ぼう
アフターフォローがある包茎治療クリニックを掲載しています

成分やコスト面から比較しました
成分のよさはもちろんですが、コスト面も考えてにんにく卵黄サプリを比較しております

飲み続けることで効果がある
そのために必要な費用も含めたグルコサミンサプリランキングをご紹介しています

今ある髪の毛や頭皮に十分栄養を行き渡らせる
抜け毛を抑え髪が生えるようにサポートします

Page Top