前へ
次へ

魚を焼くとき網に引っ付かないようにする工夫

加熱調理をするときにあるトラブルとして食材が調理器具にくっつく状態でしょう。
フライパンや網などにくっつくこともありますし、煮物などをするときに底の部分が焦げ付くこともあります。
一旦くっ付いてしまうと取れにくく、そのまま放置しているとどんどん焦げ部分が大きくなって後の処理が大変になります。
魚を焼くときといえば魚焼きグリルや網を使いますが、よくあるのが魚がグリルや網の金属部分にくっつく現象です。
下手をすると身の大半が器具の方に持っていかれてせっかくの魚の形が台無しになるときもあります。
後で洗おうとしてもなかなか取れないときもあり、苦労している人もいるかも知れません。
魚を焼くときに網に引っ付かないようにするにはある調味料を予め塗っておくと良いとされます。
それはお酢で魚側に塗っておきます。
さらに網の方には油を塗っておくと良いとされます。
お酢の酸味が残りそうな気がしますが、加熱によって酸味の成分が飛ぶのでお酢の味はしないでしょう。

Page Top