前へ
次へ

魚をさばいたり刺身を作るときの注意

魚料理の中でも簡単なのが刺身かもしれません。
冊の状態で売られている切り身であれば、後はそれを切って皿に盛りつけるだけです。
ふぐ刺しなどは薄く切らないといけないので技術が必要ですが、マグロなどなら多少形が違っていても問題ないでしょう。
簡単な料理でありながら気をつけないといけないことはあります。
魚をさばいたり刺身を作るときの注意として、魚を新鮮な状態で保ちながら行うことでしょう。
生魚などは調理前は冷蔵庫などに入れているでしょうが、その後常温の場所で調理を行います。
するとどんどん魚の温度も空気の温度に近づいていき柔らかくなります。
形が崩れやすくなるかもしれません。
人の手は体温によって多少温かくなっているので、その手でさばいたりしていると体温で魚の温度が高くなるかもしれません。
水などで手の温度を上げないようにして、切るときは時間がかからないよう素早く行います。
刺身包丁は日頃からきちんと手入れをして、よく切れるようにすれば時間をかけずに切ることができます。

堺市で信頼性の高い遺品整理業者おすすめ5選|回収専科

落ち着いて儀式に望めるようにサポートします
辛い時だからこそご遺族様に寄り添ったお葬式にさせていただきます

広島でペット葬儀なら広島市のkonomiペット火葬サービス

https://5r-ht.com/
身内だからこそできないものがあるかもしれません。
それを支えるのがゴアールです

Page Top